セカンドライフの資産運用計画を立てる前に、退職後に抱える6つのリスクについて簡単にチェックしてみましょう。

インフレリスクに備えていますか?

年率3%のインフレで、100万円が25年後に50万円以下になってしまいます。資産を運用しない生活ではとても不安があります。

インフレで大きく目減りする資産価値

元本100万円の25年後の価値は、1%のインフレ率の場合779,768円、2%のインフレ率の場合609,531円、3%のインフレ率の場合477,606円
  • 出典:FIL Limited(英国)
  • 上記グラフは、すべて推定インフレ率1%、2%、3%を基に算出しています。あくまで参考指標として提供することのみを目的としており、将来を予想・保証もしくは示唆するものではありません。

資産の偏りリスクは避けていますか?

1つの資産への過度な投資は、大きなリスクを伴います。国内外の株式や債券などにバランスよく資産を配分するなどし、リスクを抑える分散投資が重要です。
インフレに備え、かつ退職後の資金をリスクをなるべく抑えながら運用するためには、投資信託を利用した分散・長期投資をおすすめいたします。

過度に資金を引き出していませんか?

退職後に資産がどのくらい長持ちするかは、「資産配分」と「引き出し率」のバランスが影響します。
このバランスを決めるのがあなたのセカンドライフの第一歩です。

国内外の株式・債券に投資した場合の資産の存続年数の推定

毎年10%引き出した場合、10年程度でゼロに。毎年4%引き出した場合、資産配分と市場動向により24年〜42年存続の可能性

「長生き」をリスクと捉えていますか?

長生きは健康の証ですが、これもリスクの1つとして捉える必要があります。
ゆとりある生活費が月々35万円かかるとすると、1年長生きするごとに35万円×12ヶ月(420万円)ずつ生活費が増大することになります。

医療・介護の負担を考えていますか?

医療費は75歳以上になると年間75万円以上になります。

年齢ごとの一人あたり年間医療費
  • 出典:厚生労働省「平成 25 年度 国民医療費の概況」のデータをもとに作成

相続対策は万全ですか?

正確な予定がわからないだけに意外と見過ごされがちな相続対策ですが、「誰にでも起こること」であることを認識し、専門家への早めの相談を行いましょう。

円満な相続のためのチェックポイント ・残された家族が納得できる形で資産継承ができるか ・親世代や子世代の想いに沿った相続が実現できるか ・万一の場合に、相続の手続きをスムーズに行えるか