MUFG Quality for You 確かなクオリティを、明日へ。世界へ。

三菱UFJ信託銀行

老後のために、いま、できる、こと。イデコ

  • MUFG
  • iDeCo
  • MUFG
  • iDeCo

個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)は豊かな老後のためにご自身で積立・運用を行う年金制度です。
ここでは、さまざまな税制優遇が受けられる制度の概要や、三菱UFJフィナンシャルグループで取り扱うサービスの内容をご案内します。

?

個人型確定拠出年金とは

3つの税制メリット

個人型確定拠出年金(iDeCo)を
利用するメリット

  • メリット

    01

    掛金が全額所得控除
    されます

    例えば、毎月2万円ずつ掛金を拠出した場合、税率20%とすると、年間4万8千円(仮に35歳から60歳までの25年間掛け続けると総額120万円)の節税効果となります。

    ※ 専業主婦や育児・介護休暇などを取得していて年間を通じて所得がない方は、掛金を拠出しても所得控除が受けられません。

  • メリット

    02

    運用益も非課税
    再投資されます

    通常、金融商品の運用益には税金(源泉分離課税20.315%)がかかりますが、iDeCoの運用益は非課税です。

    ※ 積立金には別途1.173%の特別法人税がかかりますが、現在まで課税が凍結されています。

  • メリット

    03

    受け取るときも
    税制優遇措置があります

    iDeCoの老齢給付金を一時金として受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受け取る場合は「公的年金等控除」という大きな控除が受けられます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)を
利用するメリットの詳細はこちら

MUFGでiDeCoをはじめよう

MUFGの個人型確定拠出年金の特徴

ポイント1

2つのコースから選択できます。

  • 標準
    コース

    Standard course

    ラインナップが充実したコースです。多様なニーズにお応えするため、24の運用商品からお選びいただけます。

    標準コース 運用商品情報

  • ライト
    コース

    Light course

    運用商品を10本に絞ったシンプルなコースです。毎月の手数料が422円(税込)と標準コースよりも低価格となっております。

    ライトコース 運用商品情報

ポイント2

個人型確定拠出年金の手続きを
円滑にサポートします。

手続きの流れを解説したパンフレットをご用意しているほか、WEBサイトもございます。
ご不明な点はMUFG 個人型コールセンターがサポートしますので安心です。

ポイント3

資産形成に関するノウハウを
WEBでご提供します。

「お金を増やしたいけど、そもそもどれだけのお金をどうやって増やせば良いか分からない。」そんな皆さまに、将来に備えるお金のちしきをご提供しています。
毎月資産形成の基礎や投資信託に関するコラムを発信しており、長く楽しんで頂けるコンテンツとなっています。

手数料(税込)

個人型確定拠出年金への加入・移換にあたっては、以下の手数料が必要です。

  • 標準コース
    加入者
    加入・移換 2,777円(初回のみ)
    毎月 545円(年間6,540円)
    運用指図者
    移換 2,777円(初回のみ)
    毎月 415円(年間4,980円)
  • ライトコース
    加入者
    加入・移換 2,777円(初回のみ)
    毎月 422円(年間5,064円)
    運用指図者
    移換 2,777円(初回のみ)
    毎月 319円(年間3,828円)
  • ・加入者:掛金の拠出を行う。
  • ・運用指図者:掛金の拠出は行わず、資産の運用のみを行う。

よくあるご質問

掛金はいくらから設定可能ですか?
掛金は5,000円以上、1,000円単位で設定可能です。
※加入資格によって掛金の上限額は異なります。
掛金額の変更は可能ですか?
掛金の額は、毎年4月から3月の間で1回のみ変更することができます。
ただし、被保険者種別変更時の掛金額変更は変更回数に含まれません。
掛金の拠出を停止することは可能ですか?
受付金融機関に「加入者資格喪失届」を提出することにより、掛金の拠出を停止することができます。運用指図者になった後、掛金の拠出を再開することはできますが、その際は改めて加入者となるための手続きが必要になります。
掛金が口座振替できなかった場合はどうなりますか?
口座振替日に残高不足等により口座引落ができなかった場合、再振替や振込みによる掛金納付はできません。当該月は掛金の納付がされなかったという扱いになります。また、掛金は前納や追納もできません。
60歳前でも受け取れる場合はありますか?
掛金は原則として60歳からの老齢給付金を受け取るために運用し積み立てられますので、途中で任意に引き出すことはできません。
ただし、加入者が病気や事故で障害者になったときは「障害給付金」、加入者が死亡したときは遺族に対して「死亡一時金」が支払われます。そのほか、国民年金保険料の納付を免除されている方等、一定の条件をクリアされている方は脱退一時金の給付を請求することが可能です。

よくあるご質問一覧はこちら

資料請求

インターネットで各種資料をご請求いただけます

(三菱東京UFJ銀行のサイトに移動します)