認知症を発症すると、記憶障害により、過去の記憶が失われていくと言われています。また、頭の中で物事の計画を立てて、それを実行に移すことも困難になるとも言われています。目にしたことや聞いたことを思い出せなくなるだけでなく、日付や季節、自分のいる場所などが把握できなくなることがあるようです。さらに、ものごとを考えたり、判断したりすることも困難になり、その結果、自ら計画を立てて、段取り良く物事を進めることができなくなってしまうと言われています。

[図]「中核症状(脳の細胞が壊れることに起因して起こる)」記憶障害(ついさっきのことを忘れる)、理解・判断力の障害(ものごとを考えたり、判断に支障が出る)、見当識障害(日時、場所、人等の状況把握が困難)、実行機能障害(段取りや計画が立てられない)、言語障害(言葉・適切な表現が出にくくなる) 本人の性格や素質 生活環境や人間関係 「行動・心理症状 ※行動・心理症状自体が中核症状となることがあります。(中核症状がもとになり、性格、環境、人間関係などの要因により出現する症状)」行動症状:徘徊/暴言・暴力/抵抗/不潔行為など、心理症状:不安/焦燥感/うつ状態/興奮/依存/妄想など

[図]「中核症状(脳の細胞が壊れることに起因して起こる)」記憶障害(ついさっきのことを忘れる)、理解・判断力の障害(ものごとを考えたり、判断に支障が出る)、見当識障害(日時、場所、人等の状況把握が困難)、実行機能障害(段取りや計画が立てられない)、言語障害(言葉・適切な表現が出にくくなる) 本人の性格や素質 生活環境や人間関係 「行動・心理症状 ※行動・心理症状自体が中核症状となることがあります。(中核症状がもとになり、性格、環境、人間関係などの要因により出現する症状)」行動症状:徘徊/暴言・暴力/抵抗/不潔行為など、心理症状:不安/焦燥感/うつ状態/興奮/依存/妄想など