一言で認知症といっても、その種類はいくつかに分かれます。原因は明らかではないものの、異常なタンパクが脳内に蓄積して神経細胞が壊れていく「変性性認知症」、脳梗塞や脳出血によって神経細胞が壊される「血管性認知症」、感染症などによる「その他の認知症」、あるいは「変性性認知症」と「血管性認知症」が合併したものもあります。

このような認知症の中でも、最も発症数が多いとされるのがアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症は、脳に異常なたんぱく質が溜まり、正常な神経細胞が破壊された結果、発症するものと言われています。代表的な症状としては、記憶障害に加えて意欲の低下や怒りっぽさがあげられます。
アルツハイマー型認知症に次いで、発症数が多いとされているのが脳梗塞や脳出血等の血管性認知症です。血管性認知症は、脳の血管が出血したり、詰まったりするなどして、脳の細胞に酸素が送られなくなった結果、神経細胞が死んでしまうことにより、発症するものです。代表的な症状としては、記憶障害や計算力の低下があげられます。

病気についての詳細は、下記をご参照ください。