企業型確定拠出年金とは、企業が毎月、加入者への年金給付のための掛金を拠出し、それを元手に加入者が自分で運用商品を選択のうえ、資産運用を行い、その運用結果に応じた年金額を受け取る制度であり、加入者の自己責任に基づく制度です。
加入者が自分で掛金を一部負担する「マッチング拠出」も認められています。
確定拠出年金には、「企業型」のほか個人が掛金を拠出する「個人型」があります。

確定拠出年金のイメージ図(企業型年金)