1. 野鳥と緑の信託について

信託ならではの仕組みを利用した、個人のお客さまを対象とした商品です。金銭信託5年ものにお預け入れいただき、その収益金を公益財団法人日本野鳥の会に寄附致します。
10万円以上1万円単位でお申込みいただけます。

定期預金・信託商品・普通預金の金利一覧
(金銭信託5年の予定配当率をご覧ください)

2. マッチング寄附(三菱UFJ信託銀行からの寄附)について

三菱UFJ信託銀行は日本野鳥の会に、「野鳥と緑の信託」の決算収益金と同額(ただし、下限50万円、上限250万円とします。)をあわせて寄附(マッチング寄附)します*1

  1. *1「野鳥と緑の信託」の3月、9月の決算収益金の実績に応じて寄附を行います。
    現状上記の通りですが、将来的には金額を変更する場合があります。

野鳥と緑の信託の仕組み

お客さまの設定された「野鳥と緑の信託」の収益金(寄附金)、三菱UFJ信託銀行のマッチング寄附金は日本野鳥の会の活動全般を助成することを目的としています。特定の野鳥保護区の購入等に充当されるものではありません。

三菱UFJ信託銀行野鳥保護区酪陽

(写真解説)
「三菱UFJ信託銀行野鳥保護区酪陽」は北海道根室市所在の国道44号線付近の、風蓮湖に流れ込む別当賀川河口に広がる湿原で、タンチョウの生息が確認されております。

3. ご契約いただいた方に活動レポートをお送りします。*2

日本野鳥の会の活動状況につき定期的(年1回を予定)に活動レポートをお送りいたします。

  1. *2活動レポートは事前の予告なく中止する場合があります。
  2. *3サンプルはイメージです。実際にご提供する活動レポートはイメージと異なります。

4. 100万円以上ご契約の場合は、ネームプレート(ご自身またはご家族のお名前)をご用意します。

「野鳥と緑の信託」に合計で100万円以上のお預け入れをいただいたお客さまには、お客さまのご希望により、野鳥保護区を一望できる場所にネームプレートの掲示を行います。ネームプレートは、ご自身のお名前またはご家族のお名前で100万円ごとに1枚作成することができます。
お客さまの環境保護の想い、ご家族への想いを、豊かな自然環境とともに、未来につないでみませんか。

(左)野鳥保護区酪陽の石碑 (右)ネームプレートの石碑
(写真解説)
(左)野鳥保護区酪陽の石碑
(右)ネームプレート

  • 中途解約された場合、ネームプレートの掲示は行いません(プレートを設置済みの場合は取り外す場合があります)ので、あらかじめご了承ください。
  • 同じ名前のネームプレートを2枚以上作成することはできません。

【石碑およびネームプレートの移設について】

  • 石碑・ネームプレートは、国道および市道の付替え工事に伴い、平成28年7月中旬より一時的に移設致しておりましたが、ネームプレートについては、平成28年9月20日に同敷地内に仮移設を致しました。
    石碑本体は引き続き、「公益財団法人 日本野鳥の会」が外部保管致します。
    なお、平成30年に当該道路工事完了後、石碑およびネームプレートは野鳥保護区を臨める地に本移設を予定しております。

    平成28年9月

公益財団法人日本野鳥の会 三菱UFJ信託銀行野鳥保護区酪陽 石碑・ネームプレート掲示場所

北海道根室市所在の国道44号線と風蓮湖に流れ込む別当賀川の交差地点のそばに、石碑が設置、ネームプレートが掲示されています。

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™ (無償提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™ をダウンロードしてください。