三菱UFJ信託銀行「運用はじめてプラン」 適用期間:平成30年2月1日(木)から ご来店のうえ当社ではじめて投資信託振替決済口座をご開設いただき、「円定期預金」と「投資信託※1」または「MUFGファンドラップ※2」を各コースの対象金額に同時にお申し込みいただいた場合、円定期預金に「プラン専用金利」を適用いたします。 ※1対象外となる投資信託がございます。また対象外となる投信信託は追加・変更を行う場合があります。くわしくは窓口までお問い合わせください。 ※2MUFGファンドラップのご契約金額は500万円以上となります。 円定期預金 投信・ラップ50コース/お預け入れ金額:投信50コース:合計100万円以上/ラップ50コース:合計500万円超 条件:投資信託またはMUFGファンドラップを上記合計金額の50パーセント以上ご購入・ご契約の場合 預入期間/3ヵ月/プラン専用金利:年3.0パーセント(税引後:年2.39パーセント) お預け入れ総額における構成比率について/投資信託またはMUFGファンドラップ50パーセント以上、円定期預金50パーセント以下、同時お申込み 投信20コース/お預け入れ金額:合計100万円以上 条件:投資信託を上記合計金額の20パーセント以上ご購入・ご契約の場合 預入期間/3ヵ月/プラン専用金利:年1.0パーセント(税引後:年0.79パーセント) お預け入れ総額における構成比率について/投資信託20パーセント以上、円定期預金80パーセント以下、同時お申込み ●対象商品は円定期預金(スーパー定期/大口定期預金、元本保証・預金保険制度対象)となります。 ●預入期間「3ヵ月」のお受取利息につきましては、下記適用例*をご参照ください。 *適用例 ●例えば、総額100万円のうち50万円(総額の50パーセント)を投信50コースをご利用のうえ円定期預金にお預け入れの場合、3ヵ月後のお受取利息(税引後)の概算は下記の通りです。 50万円×3.0パーセント×3/12ヵ月=3,750円(税引前) 3,750円−税金762円=2,988円(税引後) ●例えば、総額100万円のうち80万円(総額の80パーセント)を投信20コースをご利用のうえ円定期預金にお預け入れの場合、3ヵ月後のお受取利息(税引後)の概算は下記の通りです。 80万円×1.0パーセント×3/12ヵ月=2,000円(税引前) 2,000円−税金407円=1,593円(税引後) ○上記「お受取利息」は概算ですので、実際の利息額とは異なる場合があります。(実際の利息額は日割り計算) ※復興特別所得税が付加されることにより、20.315パーセント(国税15.315パーセント、地方税5パーセント)で課税されます。税引後の金利については、小数点第3位以下を切捨てにて表示しています。 ※金利情勢等により、金利適用期間・プラン専用金利は見直しを行う場合があります。 ※本プランの一部またはすべてをやむを得ない事情等により、事前に通知することなく変更あるいは終了することがあります。 当社で過去に投資信託振替決済口座をご開設いただいている方は「三菱UFJ信託銀行 投資信託セットプラン」をご利用いただけます。 プラン専用金利について ○「円定期預金(預入期間3ヵ月)」のプラン専用金利は当初お預け入れ時のみの適用となります。初回満期以降は満期時点の店頭表示金利を適用いたします。 ○プラン専用金利適用期間中に中途解約された場合、プラン専用金利は適用されず、お預け入れ日から解約日までは当社所定の中途解約利率が適用となり、約定期間や約定利率によっては、受取利息が0円になる場合があります。 投資信託の費用について お客さまにご負担いただく費用は、下記手数料等を足し合わせた金額となります。 ○購入手数料(購入代金の最大4パーセント(税込)) ○購入時・換金時・償還時の信託財産留保額(購入時の基準価額の最大6パーセント、換金時・償還時の基準価額の最大0.7パーセント) ○保有期間中の間接費用として信託財産から控除される運用管理費用(信託報酬)(信託財産の純資産総額に対し最大年率3パーセント(税込)) ○ファンドによっては実績報酬がかかります。 ○監査報酬・有価証券売買時の売買委託手数料・組入資産の保管費用等 MUFGファンドラップの費用について 「MUFGファンドラップ」は、国内投資信託に投資を行います。そのため、お客さまにご負担いただく費用については、直接ご負担いただく費用(投資−任運用に係る報酬)と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る報酬)があります。ご負担いただく費用等の合計額および上限額は、資産配分比率・運用状況・運用実績等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載できません。 本プランについて ○本プランは、個人のお客さまが対象です。ご本人さまがご来店のうえ、お取引ください。 ○ご郵送、三菱UFJ信託ダイレクト、ATMでのお取引は対象外とさせていただきます。 ○お取引により、お通帳、お届印のほか、ご本人さまを確認できる書類(運転免許証等)やマイナンバー確認書類(個人番号カードまたは通知カード)が必要な場合があります。なお、お客さまの氏名・住所・生年月日等を確認させていただく際に、各種健康保険証等の顔写真がない本人確認書類をご提示いただいた場合、他の本人確認書類や公共料金の領収書のご提示等、追加のご対応をお願いさせていただきます。 ○投資信託のご購入金額は購入手数料、消費税等を含む金額となります。 ○金融商品仲介講座(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の証券総合口座)でのお取引は対象外となります。 ○他の金利上乗せキャンペーン、提携によるポイント提供サービスとの併用はできません。 投資信託について ○対象外となる投資信託がございます。また対象外となる投資信託は追加・変更を行う場合があります。くわしくは窓口までお問い合わせください。 ○スイッチング取引・とうしんつみたてでのご購入は対象外とさせていただきます。 ○ファンドの償還に伴う乗換優遇や大口購入などにより、無手数料でご購入いただく場合は対象外とさせていただきます。 円定期預金について ○平成30年1月9日現在のスーパー定期(預入金額300万円未満)の店頭表示金利は3ヵ月 年0.010パーセント(税引後 年0.007パーセント)、大口定期預金(預入金額1,000万円以上)の店頭表示金利は3ヵ月 年0.010パーセント(税引後 年0.007パーセント)です。店頭表示金利は見直しを行うことがありますので、最新の店頭表示金利は店頭またはホームページでご確認ください。 ○原則自動継続でのお取り扱いとなります。 ○自動継続されなかった場合、満期日以降の利息は解約または継続した日における普通預金利率により計算されます。 ○1,000万円以上のお預け入れは原則大口定期預金でのお預け入れとなります。 ○円定期預金については、店頭に説明書をご用意しております。 投資信託に関するご留意事項 リスクについて 「投資信託」は国内外の株式および債券等値動きのある有価証券に投資しますので、基準価額は変動します(基準価額の変動要因には、信用リスク、流動性リスク、外貨建資産に投資する場合は為替変動リスク等もあります)。したがってお受取金額が投資元本を下回ることがあります。 各ファンドにおけるリスクの詳細は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)・販売用資料等でご確認ください。 お客さまにご負担いただく費用について 「投資信託」の手数料等の概要は以下のとおりです。手数料等の合計は下記を足し合わせた金額となります。これらの手数料等はファンド・申込金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載できません。各ファンドの手数料等の詳細は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)・販売用資料等でご確認ください。 (1)購入時に直接ご負担いただく費用●購入手数料・信託財産留保額がかかるファンドがあります。 (2)投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用(ファンドが負担する費用)●運用管理費用(信託報酬)が日々信託財産から差し引かれます。●ファンドによっては実績報酬がかかる場合があります。くわしくは、最新の投資信託説明書(交付目論見書)・販売用資料等でご確認ください。●その他、監査報酬・有価証券売買時の売買委託手数料・組入資産の保管費用等が差し引かれます。 (3)換金時・償還時に直接ご負担いただく費用●信託財産留保額がかかるファンドがあります。 その他の重要な事項について ●「投資信託」は預金と異なり、元本の保証はありません。 ●「投資信託」の運用により信託財産に生じた損益は、すべて投資家のみなさまに帰属します。 ●「投資信託」は預金保険制度の対象ではありません。また、三菱UFJ信託銀行が取り扱う「投資信託」は、投資者保護基金の対象ではありません。 ●「投資信託」は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。 ●「投資信託」は三菱UFJ信託銀行がお申込みの取り扱いを行い、投資信託委託会社が設定・運用を行います。 ●ファンドにより、一定期間は換金手数料のかかるものや、信託期間中に中途換金ができないものや、特定日にしか換金申込みができないものがあります。 ●「投資信託」の購入にあたっては、最新の投資信託説明書(交付目論見書)および補完書面により必ず商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 ●投資信託説明書(交付目論見書)および補完書面のご請求は三菱UFJ信託銀行の窓口までお問い合わせください。 MUFGファンドラップに関するご留意事項 MUFGファンドラップにおけるリスクについて 「MUFGファンドラップ」(以下、「ファンドラップ」といいます)は、国内および外国の株式や債券等に投資する投資信託を投資対象としておりますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。これらの運用成果は全てお客さまに帰属します。 投資対象とする投資信託の基準価額の変動要因には、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリーリスク、外貨建資産に投資する場合は為替リスク等もあります。 お客さまにご負担いただく報酬・費用等について お客さまにご負担いただく報酬・費用等には、投資−任運用に係る報酬(ファンドラップの報酬)と、投資対象に係る費用(投資対象とする投資信託に係る費用)があります。報酬・費用等の合計はこれらを足し合わせた金額となります。 (1)投資−任運用に係る報酬 報酬には、固定報酬型と成功報酬型があります。お預り財産の時価評価額に対して、固定報酬型は最大1.512パーセント<年率、消費税を含む>を乗じた額の固定報酬(残高手数料および投資顧問料)を、成功報酬型は最大1.296パーセント<年率、消費税を含む>を乗じた額の固定報酬に加え、前年の年間運用成果(超過収益分)に対して10.8パーセント<年率、消費税を含む>を乗じた額の成功報酬(ただし、日次時価平均残高の1.08パーセント<年率、消費税を含む>を上限とする)をお支払いただきます。 (2)投資対象に係る費用 投資対象とする投資信託については、以下に定めるお客さまの負担する費用が発生します。 1、運用管理費用(信託報酬)/組入投資信託ごとに運用管理費用(信託報酬)および信託事務の諸費用(監査費用含む)等、間接的にご負担いただく費用が設定されており、日々の基準価額に反映されています。(運用管理費用(信託報酬)は、各組入投資信託の信託財産の純資産総額に対して、最大2.20パーセント<年率、消費税を含む>)。 2、信託財産留保額/組入投資信託によっては、信託財産留保額が設定されており、換金する際にご負担いただく場合があります(換金時の基準価額に対して、最大0.50パーセント)。信託報酬等の諸費用や信託財産留保額の詳細については、「運用計画書」に個別銘柄毎の具体的な料率を記載しています。 これらの報酬・費用等の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額、計算方法を記載することができません。くわしくは、契約締結前交付書面、運用計画書等でご確認ください。 MUFGファンドラップに関するその他重要事項について ●新規ご契約は500万円以上1万円単位、追加入金は100万円以上1万円単位でお申込みいただけます。
●ファンドラップでは、投資−任契約に基づく運用を行います。預金とは異なり元本および利回りの保証はありませんので、運用成果は全てお客さまに帰属します。また、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。ただし、別途開設するファンドラップ預り金管理口座は預金保険制度の対象となります。 ●ファンドラップのお申込みにあたりましては、事前に契約締結前交付書面をお渡しいたしますので、内容をご確認ください。 ●ファンドラップには、クーリング・オフ制度は適用されません。

キャンペーンに関するお問い合わせ窓口
三菱UFJ信託銀行インフォメーションデスク

0120-349-250(無料)

ご利用時間/平日 9:00〜17:00 (土・日・祝日等を除く)

(回線がつながりましたら「9」「#」を押してください)

※お客さまご自身の契約内容に関するお問い合わせにつきましては、
お取引店に直接ご照会ください。