<株式付与ESOP信託とは>

「株式付与ESOP信託(ESOP:Employee Stock Ownership Plan、以下「ESOP信託」)は、会社が従業員に対し、インセンティブの付与を主たる目的として、在職時または退職時に自社株式を交付するスキームです。

  1. (1)発行会社(委託者)が自社株式の取得資金をESOP信託に拠出し、ESOP信託(受託者)が当該金銭を原資に自社株式を発行会社または株式市場から取得します。
  2. (2)信託期間中の従業員(受益者候補)の勤続年数や職位、業績達成等をポイント化し、一定年数経過時または退職時のイベントに合わせて当該ポイントに応じた自社株式を交付します。また、例外的に信託内で自社株式を換価し、金銭で受給することもあります。
  3. (3)ESOP信託内の自社株式については、従業員の意思を反映した議決権行使を行う仕組みであり、従業員の意向が経営に反映されやすくなります。

<株式付与ESOP信託の基本的なスキーム>

株式付与ESOP信託の基本的なスキーム

  1. (1)発行会社は受益者要件を充足する従業員を受益者とするESOP信託を金銭で設定する。
  2. (2)本信託は、信託管理人の指図に従い、本件株式を発行会社または株式市場から取得する。
  3. (3)発行会社は、本信託内の本件株式に係る剰余金の分配を行う。
  4. (4)本信託内の本件株式については、信託期間を通じ、信託管理人が議決権行使の指図を行う。
  5. (5)信託期間中、株式交付規程に従い、一定の受益者要件を満たす従業員は、本件株式を受領する(例外的に、信託内で本件株式を換価して金銭で受領することもある)。
  6. (6)本信託の清算時に、受益者に分配された後の残余財産は、一定金額の範囲内で発行会社に帰属する。

(ご注意)
本件は一般的な仕組みを説明するものです。

株式付与ESOP信託に関するご照会先

三菱UFJ信託銀行
法人コンサルティング部
報酬コンサルティング室

03-3212-1211(代表)

受付時間: 9:00〜17:00(土・日・祝日等除く)